うな重とうな丼の違いは?なぜ値段が違うのか?

当ページのリンクには広告が含まれています。

 

アツアツのご飯の上にうなぎの蒲焼きを、ドンッ!!と乗せて食べるのはとっても美味しいですよね

 

お店に行ってうなぎを食べる時に、

うな重とうな丼の違いって何だろう?

と気になりますよね

 

この記事ではうな重とうな丼の違い、なぜ値段が違うのか?についてご紹介しております♪

 

目次

うな重とうな丼の違いについて

この二つの大きな違いは『食器』です!

 

うな重はこの様に、

重箱に白米を盛り、ウナギの蒲焼きを乗せています。

 

うな丼はこの様に、

丼鉢に盛っています♪

うな重とうな丼の大きな違いは、食器に何を使うのか?という点です!

 

値段が違うのはなぜか?

うな重とうな丼だったらうな重の方が高いですよね

これはうなぎの量が違うからだよ!

うな重の方がウナギの量が多く入っているので、値段が高くなっています♪

 

うなぎの質は一緒なの?

うな重とうな丼は『うなぎの質』は同じものであることが多いようです

ただしお店によってはうなぎの質が変わってくることもあります!

うなぎはお店によって値段が違いますよね?うなぎの『どの部位』を使っているかによって値段が変わってくるのです!

  • うなぎは頭と尻尾付近を除く「胴体」が一番実が厚く、値段が高くなります。

この胴体部分を多く使っているほど、うな重・うな丼の値段が高くなります(^^)

 

あわせて読みたい
大学生が作ったから「大学芋」!?名前の由来をご紹介!   甘くてほくほくとして美味しい大学芋は、さつまいもですよね と気になりますよね。 さつまいもなのになぜ大学と、名前がつくのだろう? この記事では大学芋の名...

うな重の豆知識

日本では昔からうなぎを食べて夏バテを防ごう!!という風習があるほど、うなぎは好まれていますね

うな重は江戸(東京)の郷土料理で、

昔のうな重はご飯の上にうなぎの蒲焼きを乗せて、更にその上からご飯を乗せるというものでした!

本来のうな重はうなぎをご飯で重ねて、とってもボリューミーだったそう!

ご飯で重ねる・・・ということから、うな重と呼ばれるようになったそうです☆

 

ひつまぶしって何?

うな重やうな丼とよく似ているもので『ひつまぶし』というものがありますよね♪

ひつまぶしは名古屋発祥の食べ物で、明治時代以降に食べられるようになったそうです。

 

うな重やうな丼と違う点は・・・

細かく刻んだうなぎの蒲焼きに、お茶碗にだし汁、ネギ・ワサビ・のりなどの『薬味』がついているという点です♪

だし汁を入れてお茶漬けにして食べると、とっても美味しいですよね

 

ひつまぶしはお櫃に入っている!

うな重は重箱、うな丼はどんぶり、ひつまぶしはお櫃(おひつ)というものに盛り付けられています!

昔はひつまぶしも丼や重箱に入れて食べていたそうです。

けれど出前で運ぶときに割れてしまうことがあったので、割れないようにお櫃に入れるようになったんだとか(^^)

お櫃は木製で丈夫な素材なので、これはいいぞ!とひらめいたのかもしれないですね☆

 

最後の〆シメ?

うなぎを食べた後に、サラッと食べれないか?という考えからだし汁を入れてお茶漬けにして食べよう!と誕生したそうです。

 

まとめ

  1. うな重とうな丼の大きな違いは、食器に何を使うか
  2. うな重のほうがうなぎの量が多く、値段も高い
  3. うなぎの質は同じなことが多いが、お店によっては違う場合もある

 

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次