新玉ねぎと玉ねぎの違いは何?同じものだった!?

当ページのリンクには広告が含まれています。

 

 

春になりスーパーへ行くと・・・

『新玉ねぎ』という玉ねぎを見かけませんか?

 

  • 新玉ねぎって普通の玉ねぎと違うの?

と疑問に思ったことはありませんか?

この記事では、新玉ねぎと玉ねぎってどう違うの!?についてお伝えしております☆

 

目次

新玉ねぎって一体なんなの?

 

玉ねぎには、黄玉ねぎ・白玉ねぎ・紫玉ねぎ・小玉ねぎの種類が存在します。

皆さんが普段食べている『茶色い皮』の玉ねぎは、黄玉ねぎという種類になります。

 

じゃあ新玉ねぎの種類は何でしょうか?

  • 黄玉ねぎ
  • 白玉ねぎ

になります。黄玉ねぎは・・・実は新玉ねぎとしても売られているのです!!!

 

ということで、新玉ねぎと玉ねぎは実は同じ種類なのです。

 

大きな違いは出荷方法

新玉ねぎと玉ねぎは実は同じ種類なのですよ♪

ですが、大きく違う点があります。それは『出荷方法』です。

 

☆玉ねぎ

収穫してから約1ヶ月乾燥させて出荷する。

 

☆新玉ねぎ

すぐに出荷する。

玉ねぎは、収穫して約1ヶ月乾燥させてから出荷されます。反対に新玉ねぎはすぐに出荷されます。

なぜ玉ねぎを乾燥させるのか?それは長期保存を可能にするためです。

あわせて読みたい
玉ねぎが長持ちする保存方法!常温・冷蔵・冷凍を使い分けよう     玉ねぎを買ってきて、いつもどうやって保存していますか?出来るだけ、なが~く長期保存したいところですよね(^^)   玉ねぎは常温・冷蔵・冷凍を賢...

玉ねぎは乾燥させることによって、日持ちするようになるのです。

 

反対に、新玉ねぎ乾燥させずにすぐ出荷するのであまり日持ちしないという特徴があります!

 

なので、2~3日を目安に使うようにすると腐る心配がありません。

 

味の違いはあるのか?

 

玉ねぎと新玉ねぎは、味も異なります!!

  • 玉ねぎ→しっかりとした食感で、辛みが強い
  • 新玉ねぎ→柔らかく、甘みがある

新玉ねぎは甘みが強いので、生でサラダなどにすると美味しく食べることができます♪玉ねぎを生で食べるのは・・・普通辛くて少し抵抗がありますよね?

新玉ねぎは『生食』で食べるにのとっても向いているお野菜です(^^)

 

料理に使うとき

 

新玉ねぎは水分をたくさん含んで柔らかいので、炒め物にすると逆にべちゃっとしてシャキシャキ感はないです。

なので、加熱料理にするならスープなどにしてトロトロになるまで煮込むと美味しく食べることができてオススメです♪

反対に玉ねぎは加熱することで甘みが増し、身もしっかりしてるので炒めてもべちゃっとすることはありません!

 

栄養の違いはあるの?

 

玉ねぎと新玉ねぎの栄養は・・・同じです!!なので栄養面でどちらを食べた方が良いか?というのはないでしょう。

しかし!ここでポイントがあります。

  • 玉ねぎ・新玉ねぎに含まれる『硫化アリル』という成分は、血液をサラサラにするそうです♪
  • けれどこの硫化アリルは、水に溶けやすく加熱すると減ってしまうのです。

 

玉ねぎを食べると血がサラサラになる♪というのを聞いたことがあるよ!!という方もいるのではないでしょうか♠

ですが残念ながら、加熱したり煮込んだりするとその効果は薄れてしまいます。

ここで登場するのが、新玉ねぎです!!新玉ねぎは生でサラダなどにして食べるのに向いているので、硫化アリルが減少する!という心配がないのです♪

どうしても新玉ねぎを生で食べるのに抵抗があるという場合は、少しだけ水にさらしたり、カツオ節とポン酢をかけて食べるのがオススメです♪

 

新玉ねぎは一年中売っていない!

玉ねぎは一年中スーパーで買うことができますが・・・新玉ねぎは3月~5月しか販売されません!!

ですので新玉ねぎを買える時期というのはほんの数ヶ月しかなく、とても貴重な野菜の一つなのです(^^)

 

まとめ

玉ねぎと新玉ねぎは出荷方法が異なるだけで、同じものなのです(^^)新玉ねぎはなんと言っても、とっても甘みが強く生で食べても美味しいです!!

玉ねぎは長期保存が可能ですが、新玉ねぎはそうではないので出来るだけ早く使うようにして下さいね♪

 

あわせて読みたい
玉ねぎが長持ちする保存方法!常温・冷蔵・冷凍を使い分けよう     玉ねぎを買ってきて、いつもどうやって保存していますか?出来るだけ、なが~く長期保存したいところですよね(^^)   玉ねぎは常温・冷蔵・冷凍を賢...

 

 

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次